柔道整復師 

【臨床経験】橈骨遠位端骨折の治療経験①

Pocket

こんにちは!ささです。
今回は以前私が経験した橈骨遠位端骨折の問診から治療終了までの流れを紹介していく。

私の臨床経験を共有する事で、骨折治療に悩んでいる柔道整復師などに参考になればと思う。

注意してもらいたいのは、今回の症例での治療法が全てではない。
私がこれから紹介する方法だと上手くいかない場合もあるだろう。
生活環境や症状の程度など様々な要因から治療の仕方は変わってくる。
あくまで1つの症例としてこんなやり方があるんだと参考にして欲しい。

当サイトの免責事項はこちら

 

①問診

年齢 70代
性別 女性
受傷機転 昨日、歩行時転倒し手をつき受傷。
主訴 手が痛い。腫れている。

白衣さん
白衣さん
高齢の女性で転倒時に手をついたと聞くだけで橈骨遠位端骨折が少し頭に浮かぶね。

②視診

腫脹:手指の方まで(+)
手関節外観の変形(+)

白衣さん
白衣さん
翌日くらいでも、手指まで腫脹が出ている事もあるよ。少し赤紫ぽい色や赤黒い色になっている事もあるね。
外観の変形があれば骨折して転位がある可能性が高いよ。

③触診

圧痛:
橈骨遠位端部に限局的圧痛(+)
尺骨遠位端(−)

白衣さん
白衣さん
骨折の固有症状だね。一応合併が無いか尺骨なども触っておくべきだね。
今回は尺骨に痛みはないよ。

④診断

橈骨遠位端骨折
背側転位と短縮転位(+)なので整復

白衣さん
白衣さん
定型的パターンだね。

⑤整復法

患者仰臥位 肩関節90度外転 肘関節90度屈曲 前腕回内位
助手 前腕近位把持
術者 前腕遠位把持し牽引(短縮転位)
背側転位があるので回内位のまま遠位端部を屈曲(背側転位)

白衣さん
白衣さん
整復は基本的には教科書通りだね。ただ文章でみると簡単そうだけど実際に引っ張ってる時は全力に近いくらい力を入れているのでかなり大変だよ。
私のイメージとしては、橈骨の背側骨折部辺りにある段差に両母指をひっかけて脇を閉めて身体全体で牽引し
掌側にある示指を支点にし屈曲操作を行っていたよ。
手が滑りやすい人は、ガーゼとか綿包帯を使うと良いかもね。

⑥固定法

整復後シーネ固定(上腕からMP関節まで)
固定肢位 肘関節90度屈曲 前腕回内位 手関節軽度掌屈位

白衣さん
白衣さん
これも教科書通り。シーネ掌屈させる位置は手関節より近位の骨折部辺りで掌屈するように角度をつけたよ。

⑦治療経過

翌日

レントゲン確認後骨折部にズレ無いため固定継続

リハビリとして手指のマッサージと軽い運動を行う。
特にMP関節が固まりやすく、固まってしまうと後々のリハビリがかなり大変なので早期から痛みや転位を見ながら行う。

白衣さん
白衣さん
手指の拘縮はすぐ出てくるので出来る範囲で自動運動と浮腫軽減のマッサージは行っていたよ。ただ直後は痛くて手指の自動運動できない場合あるよ。

1週間後 

レントゲン変わりなくリハビリとして自動運動で手指を動かすのと手指マッサージ

2週間後

レントゲン変わりなく継続

3週間後

レントゲン仮骨形成軽度あり固定具変更をする。
肘関節フリーの前腕近位からMP関節までのプライトンシーネに変更
固定肢位は軽度掌屈位継続

三角巾も外す予定だったが、たくさん手を使う人だったので大事をとって三角巾継続
リハビリとして、肩の自動運動と肘の自動運動追加

白衣さん
白衣さん
肩と肘も固まってしまうので3週間で動かせるようしたよ。ドクターによってはもっと長く肘の固定を続ける場合もあるね。

4週間後

仮骨形成はっきりと(+)
固定具を短くし前腕中央からMP関節までにし、三角巾除去

可動域制限:背屈制限(+)掌屈制限軽度(+)

白衣さん
白衣さん
新しい骨も充分に見えていたので固定を更に短くしたよ。4週間固定していると手関節も拘縮が出てくる。しかし私の経験では手関節はしっかりリハビリすれば可動域は戻ってきやすいと思うね。
掌屈位固定していたから背屈制限の方がつよいね。

5週間後

圧痛軽度(+) 骨折部レントゲン良好のため包帯のみ固定へ
上肢浴や患部への手技療法開始

6週間後 

固定除去
圧痛(−)
関節可動域の拡大訓練を他動的にも積極的に行う

10週目 

可動域獲得 治療終了

白衣さん
白衣さん
経過良好で10週でもう治療終了となったよ。可動域制限も無く、日常生活に特に問題も出ていないみたいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です