介護

機能訓練型デイサービスでの仕事とは?介護職員・機能訓練指導員の仕事内容を解説!

Pocket

 

①機能訓練型デイサービスの仕事内容[介護職員]

機能訓練型デイサービスは、機能訓練をメインにしたデイサービスのため入浴や食事の介助などの仕事は無い。

機能訓練デイサービスを運営する上での人員基準で介護職員が必要ではあるが
介護職員が行う仕事内容としては、

・利用者の送迎業務
・バイタルチェック
・体操(施設によってはやる場合もあり)
・運動の介助(マシンでの負荷操作や体を支えたり)
・軽い事務作業

私が見てきた2箇所の機能訓練型デイサービスでは、体操を介護職員がやる施設と、体操も機能訓練指導員がやる施設があったので確認すると良い。

介護のイメージでは入浴・排泄・食事の介助が大変なイメージがあるがそういった仕事がほとんど無い事が機能訓練型デイサービスの特徴である。

②機能訓練型デイサービスの仕事内容[機能訓練指導員]

機能訓練指導員の仕事内容は

・送迎業務
・体操
・個別機能訓練(一人ひとりにあった機能訓練を行う)
・事務作業(計画書などの作成)

送迎業務や体操については施設によっては機能訓練指導員がやらなくてもいい場合があるので確認すると良い。

個別機能訓練と言うのは、簡単に言うと筋トレ
機能訓練指導員が作成した個別機能訓練計画書に基づいた運動を行ってもらう。

しかし全ての人の運動をずっと見てる訳ではなく多くはマシンや器具を使ったトレーニングになると思うのでトレーニングのやり方やトレーニング中の姿勢などを指導したりする。
なかには簡単なマッサージを行う施設もある。

仕事は17時あたりで終わる事が多いのもこの仕事のメリット

◎実際の仕事時間例
8時45分 出勤
9時~9時30分 体操・軽運動
9時30分~12時 個別機能訓練

12時~13時 昼休憩

13時~13時30分 体操・軽運動
13時30分~16時 個別機能訓練

16時~17時 事務作業
17時 退勤

 

③機能訓練型デイサービスで働く上で向いている人

機能訓練型デイサービスで働くのが向いている人は

・高齢者の方と接するのに抵抗がない人
・明るく元気な人
・身体を動かすのが好きな人

などは向いていると思う。

逆に、介護をしたい人などは機能訓練型デイサービスではあまり必要性がないので他の施設を探したほうが良いかもしれない。

機能訓練型デイサービスを利用する人は、比較的他の施設よりは元気があって運動に対して意欲的な人が多い。

そのためデイサービスと言う名前はつくが、介護をすることは少なくスポーツクラブとデイサービスの合わせたもののようなイメージを持ってもらうと良い。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です