柔道整復師 

【柔道整復師の経験から】柔道整復師になって良かった3つの事!

Pocket

こんにちは!柔道整復師のささです。

このブログでは柔道整復師のマイナスな事を伝える事が多かったが今回は柔道整復師の資格をとって良かったと感じた事を紹介していく。

ネコ
ネコ
暗い話題が多かったもんね。不正請求とか将来性が低いとか…

白衣さん
白衣さん
まあそうだね。でもこの資格にも働く上で良いところはあるよ。一つずつ説明するね。

色々と不正請求の問題や、整骨院の現状の話など柔道整復師の悪いところはたくさんあるが、この資格にも良いところはある。
私は柔道整復師の資格で良い点を3つほど感じている。

この記事は柔道整復師の資格を取ってよかった事を私の経験から3つ紹介しています。
柔道整復師になろうとしている人や柔道整復師の資格を取るメリットは何か?と考えている人はこの記事を読む事で
柔道整復師に実際なった筆者が経験した3つのいい事を知る事ができます。

この記事のまとめ

①国家資格だから転職・副業を見つけやすい
②自宅の近所で働けるので通勤時間を少なく出来る
③医師以外では柔道整復師しかできない事がある

①国家資格なので転職や就職、副業探しが比較的簡単

柔道整復師の資格は専門学校で3年大学では4年学び単位を取得しないと受験資格を得られない。
そして受験資格を得たあとに国家試験に合格しないとならない資格(国家資格)になる。

そのため資格としては、結構力が強く
転職や副業をする時に柔道整復師の資格を持っているだけで多くの職場から欲しがられるので
転職先や副業先を見つけるのがとても簡単。

また柔道整復師に特化した求人サイトもあるよで、就職コンサルタントに任せておけば一般企業勤めの人よりも就職先がみつけやすい。

就職先がみつけやすいと言う事は、もし勤めた先が合わない職場だとしても辞めて次に働く場所を見つけやすい。

私の体験話

実際に私も転職を数回行っているが全てスマホから求人サイトに登録し
担当コンサルタントに希望を伝えて希望通りの職場を紹介され、面接その後採用という流れだった。
国家資格を持っているために、転職には有利に働く。
副業を探す時も国家資格があるので良い待遇の時給2000円程度の仕事も見つける事ができた。

今は希望通りの職場で働くことができている。
これは柔道整復師という資格があったのでできた。
また今後自分の希望条件が変わるようならば簡単なので転職しようと考えている。

 

②勤務先が多くあるので家の近くで勤務する事ができる

勤務先として多く選ばれるのは整骨院・接骨院や、整形外科、介護施設(デイサービスなど)であるが
数が多くあるため、また他の企業と違い都心部に集中させる必要が無いために都内に住まなくても家の近くにある職場を選ぶことが出来る。

家の近くで働ける事にデメリットを感じる人もいるかもしれないがメリットとしては
通勤時間が節約できる。満員電車のストレスを感じなくて良いことがあげられる。

1日の通勤時間が往復3時間の人が、往復30分になったならば1日で2時間30分もの時間を節約できる。
2時間30分もあれば、副業でお金を稼ぐ事もできるし家族との時間も得られる。
時は金なりという言葉があるくらいに大事な【時間】というものを通勤で消費しなくて済む。
さらに朝から体力と精神力を使う満員電車が無くなることでストレスも減る。

私の体験話

私はずっと家の近くで働いている。
家から職場までは片道15分。8時30分出社なので8時15分に家を出れば間に合う。帰りも18時に終われば18時15分に家に着く。そのため朝はゆっくり起きれるし、夜も自分の時間がたくさん作れる。
通勤も満員電車みたいにストレスを感じる事無く行えるので、朝が憂鬱な事はない。

③骨折や捻挫の施術が医師以外では唯一できる

最後に柔道整復師の仕事内容についてだが
柔道整復師は外傷(骨折や脱臼、捻挫など)の処置(整復、固定、後療)を行う事ができる。骨折と脱臼は医師の同意が必要だが。

つまりこれはわかりやすい言葉(一般的に使われる用語)にすると、骨折や捻挫などを治したり、固定したり、リハビリしたりする事ができる。これを業(反復継続して治療しようとする事)としてできるのは医師と柔道整復師のみになる。

柔道整復師にはそういった外傷への専門性がある事だけでもすごく良い。

この外傷処置ができるとスポーツ現場などでの外傷の応急手当ができるし
整形外科で医師が診察メインの場合、診察後の外傷処置を柔道整復師が行う事もできる。

私も整形外科で働く事によって、様々な外傷処置を経験したし学んだ。
柔道整復師にとってはみんな学んでる事だから大したことないと思うかもしれないが
私達ほど骨折などを勉強した職種は医師以外にはいない。
PTも鍼灸師も骨折に関しては詳しくないし治す経験も少ない。
それがお金になるかは別だが、柔道整復師として、もっと言うと私自身の強みになっている。

あと自分の子供とかが肘内障になったらすぐ改善できるのも良い点かもね笑

④3つの良いところのまとめ

柔道整復師の資格をとって働く上でよかった事を3つ紹介した。

①国家資格だから転職・副業を見つけやすい
②自宅の近所で働けるので通勤時間を少なく出来る
③医師以外では柔道整復師しかできない事がある

これらの3つが私が感じた柔道整復師のいい点である。
一般的に言われていいる、保険が使えるとかお金を稼げるとかは
私にとっては良い点とは思えないため含めていない。

この3つがあるだけでもこの資格を取得した意味はあるのかなと思う。

しかし今から柔道整復師の資格を取得する事はおすすめしない
骨折や脱臼、捻挫、挫傷などを治したい人のみこの資格を取得すればいい。
柔道整復師を選ぶ前にもう一度確認して欲しい記事はこちら↓

【柔道整復師】になろうとしている人へ。本当にこの資格がいいのかを検討しよう。 こんにちは!元柔道整復師のささです。 今日はこれから柔道整復師の資格が取れる学校に通うか考えている人 またはその両親に向け...

 

 

柔道整復師の情報まとめページはこちら↓

【まとめページ】柔道整復師の情報の全てはここ! このページに柔道整復師の情報を全てまとめています! ①柔道整復師の仕事について ■柔道整復師の就職先情報・実際の働いた感想は...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です