筋トレ

【Motions】安くて初心者にもオススメの可変式ダンベル!メリット・デメリットは?

Pocket

 

①Motionsの可変式ダンベルとは?

可変式ダンベルとは、一般的なダンベルと違いダイアルを捻る事で重量を変えることが出来るダンベル。

これが可変式ダンベル。ダイアルを捻るだけで重量変更が出来るので、わずか2秒でプレートをはずしたりする手間無くトレーニングが出来る。

Motionsでは24kgと40kgの可変式ダンベルの取り扱いがある。

またMotionsには値引きセールや保証やプレゼントキャンペーンがあるので
お得に可変式ダンベルを買いたい人は公式ホームページからの購入がオススメ!

◎24kg×2個セット
重量変換15段階
2.5kg 3.5kg 4.5kg 5.5kg 6.5kg 8kg 9kg 10kg 11.5kg 13.5kg 16kg 18kg 20.5kg 22.5kg 24kg

表示価格:29,800円⇒期間限定セールで23,700円!


◎40kg×2個セット

重量変換17段階
5kg 7kg 9kg 11kg 13kg 15kg 18kg 20kg 22kg 25kg 27kg 29kg 32kg 34kg 36kg 38kg 40kg

表示価格:49,800円⇒期間限定セールで38,800円!

※期間限定セールは終了されている場合があるので公式ホームページで確認してください。

公式 HPで最安値を確認!!

 

 

 

24kgと40kgの選び方は?

◎24kgが向いている人
女性、男性でも趣味程度での身体作り、トレーニング初心者、細マッチョ程度志望
◎40kgが向いている人
男性、本格的にトレーニングしたい、ゴリマッチョ志望

女性は24kgあれば充分なので、余程ハードなトレーニーでなければ24kgの購入を勧める。男性の場合40kgを使う人というのは、フィジークなどの大会やコンテストを目指していたり本気でトレーニングに取り組んでいる人が使う重量である。

なので初心者やコンテストに出てる人ほどの身体を目指している訳でないのであれば24kgで充分に鍛えられると私は考えている。
ので私は24kgを買った。(私のトレーニングレベルは趣味程度でコンテストなどに出る予定もない。なかやまきんに君の身体より、武田真治さんくらいの身体をイメージしている。)

既にトレーニングしている人は、自分の現在の使用重量などから24kgか40kgどちらが必要か判断するのをオススメする。

②Motionsの可変式ダンベルのメリット・デメリット

メリット

・重さを変える手間が少ない
Motionsの可変式ダンベルは【2秒で重量変更できる】と言うように重量の変更がダイアルを捻るだけで出来るためかなりお手軽。
ホームトレーニングでよく使われるスピンロック型のダンベルだと重量の変更がかなり手間でトレーニングがめんどくさく感じてしまったりするが可変式ダンベルを使えば重量変更の手間は一切感じなくなりトレーニングがしやすくなる。

youtubeに重量変更の参考動画があったので載せておきます。↓

 

・置いとくのに場所を取らない
Motionsの可変式ダンベルは台座の上にダンベルと重りが全て収まっているのでスピンロック型ダンベルと違いプレートが散らばる事もなく使っていない時に場所を取らずに収納できる。
固定式ダンベル、スピンロック型ダンベルでもかなりの収納スペースが必要になるので置き場所をあまり取りたくない人にもオススメ。
大体可変式ダンベル1つで1.5〜2Lのペットボトルが2本分のスペースがあれば収納できる。

また最大重量でセットしておけば万が一子供が触ってしまっても持ち上がる事はないし
スピンロック型と違って一個のプレートだけが倒れて怪我をしてしまうこともない。

・細かい重量設定が可能
1~3kgずつ細かな重量変更ができるので、部位によって適正な負荷でトレーニングができる。
あまり高い負荷だとできないサイドレイズや、高い負荷が必要なダンベルプレスなどにも重さを細かく変えて使用できたりあとはドロップセット法を使ったトレーニングなどに対しても対応ができる。しかも重量変更は2秒で終わるから尚更良い。

デメリット

・サイズ感が少し大きいので種目によってはやりにくい
ダンベルの幅などが少し固定式ダンベルなどと比べると大きいので種目によってはダンベル同士がぶつかり行いにくいものがある
私が行った上で感じるのは、プルオーバーエクステンションなどを行うときに外旋などを意識しながら行うと少しダンベル同士がぶつかってしまう。

ただ別にできない程ではないし、多少工夫して片手ずつや幅を少し広げるなどすれば問題なくトレーニングする事ができる。

・値段がスピンロック型と比べると高い
ネットでダンベルを調べてみると、スピンロック型であれば30kg×2個で1.5万円くらいのしっかりしたものや安ければ数千円で買えるものもある。
しかし以前格安なものを買ったらプレートがゴムのような素材で、重さが正しくなかったり
劣化が激しく重量を変えるたびにプレートからゴムカスが出てくるようなものもあったので要注意。

1万~2万円ほど可変式ダンベルのほうが高いが、実際に使ってみると使いやすくものもしっかりしているので値段の割りに良い買い物をしたと感じる。

公式 HPで最安値を確認!!

 

③可変式ダンベルを使用しての感想

今まで私はスピンロック型のものを使っていたのだが
・重量の変更が面倒
・重量の変更時に物音がうるさい
・プレート(重り)が倒れたりすると危険
・プレートをたくさん所持しないと細かな重量設定ができない
などホームトレーニングを行う上での問題点が多々出てきた。

それらの問題点が、この可変式ダンベルを使う事で解決された。

特に重量変更が簡単になった事で、トレーニングを面倒に感じなくなった。

そしてその結果継続的にトレーニングを行う事ができた
3日坊主にはならずに済んだ。

あとスピンロック型だと重量変更が面倒で、重量設定が適正で無いのにそのままトレーニングしてしまうような事もあったが
可変式ダンベルに変えたことでしっかりと筋肉にあった重さで使うことができている。

公式 HPでレビューをみてみよう!

 

④なぜ初心者にも可変式ダンベルを勧めるか

私は、値段だけを見てスピンロック型を最初は買ってしまったが重量変えるのが面倒でなかなかトレーニングが続かなかったりした。
結局、可変式ダンベルを買う事で快適にトレーニングをする事ができているがもっと早く買っておけば…と今後悔している。

初心者こそ可変式ダンベルを使って、トレーニング時の時間の無駄を減らし継続的にトレーニングをしやすい環境にすると良い。

なぜならばトレーニングで1番大事な事は継続する事。

道具をたくさん持っていたって、継続してトレーニングしなきゃ意味が無い。
特に初心者のうちは挫折しがちなので、挫折する大きな要素である準備の面倒さを無くせる事は初心者にとっても大事。

可変式ダンベルは少し高価なので、
「もう少しトレーニングに慣れてから買おう」とか
「スピンロック型の方が安いし安いやつ買おう」と思うかもしれないが

私みたいに後々買う事になるならば、先に買っておいた方が良い。

Motionsダンベル購入はこちらから!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です