柔道整復師 

【柔道整復師学生・転職向け】自分にとって良い職場の見つけ方

Pocket

 

こんにちは! ささです

今日は、職場を見つける時に注意するポイントをお話します。

 

就職先ってどうやって決めればいいの?

知り合いのツテで就職を決めるもんじゃないの?

 

そんなあなたも、自分に合った職場を見つけられるようになります。

 

私自身も学校の先生に聞いても、整骨院も整形外科でもどっちでもいいんじゃん?

みたいな適当な返事が多くあまり当てにならなかった事を思い出す。

 

なので自分で色々と調べて職場も探しました。

その中で気付いたこと。

働いてみて気付いたこと。

今思うとこうやって職場探せばよかったなと思うことなどを話す。

 

記事のまとめ

まず就職先を選ぶ前に自分の1番欲しいものを明確にする。

休みが大事なら年間休日数が多い職場を探す

勤務時間の短さが大事なら、整骨院は選ばない。

お金が大事なら月給だけでなく賞与や昇給についても高い職場を選ぶ。

外傷技術が大事なら、固定・整復のできる整形外科を選ぶ。

手技ならば、自費が多い治療院・整骨院を選ぶ。

 

整骨院業界よりも、介護業界の方が休日も多く勤務時間も短い。

手技技術を求めていないなら介護業界での勤務を勧める。

 

 

①就職先を選ぶ上で重要なこと

まずは、自分が働く目的・目標を明確にする

ここが一番大事。

この目的目標がはっきりしていないと、職場を探すにあたってなかなか決まらないと思う。

 

例えば、「自分はお金が一番大事だからどんなにきつそうな職場でもいい」

と言う人は、求人サイトなどで見て給与の高いところを探せばいい。

しかし多くの人は、「お金も欲しいけど休みもほしい」とか「休みも欲しいけど、技術も欲しい」など希望は色々あると思う。

その中で、自分は何を1番にするかは決めておく必要があると思う。

 

 

ちなみに私は新卒のときには、

骨折脱臼などの処置や骨折の鑑別を出来るようにする。であったために整形外科で働いた。

 

ここからは、休み、お金、外傷技術、手技技術の4つに分けてそれぞれを目的とした場合どんなことに注意して職場を選べばいいかを考える。

 

 

②休みの日数が大事な場合

まず整骨院、整形外科共に最近は週休2日なところが多い。

単純に求人情報を見て、完全週休2日なのか週休1.5なのか。

週休2日でもシフト制なのか、固定休みなのか。

(ちなみに完全週休2日制と週休2日制は細かく言うと違う。

「週休2日制」は“1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上ある”ことです。必ず週2回の休みがあるというわけではなく、残りの週の休みは週1日というケースもあるので注意が必要です。

一方、「完全週休2日制」は毎週必ず2日間の休みがある制度を指します。ただし、休みである2日間が土日とは限りません。求人情報欄に「完全週休2日制・土日祝休み」などのように休日の曜日や祝日について明記されていない場合は面接の際などに確認したほうがよいでしょう。

一方、「完全週休2日制」は毎週必ず2日間の休みがある制度を指します。ただし、休みである2日間が土日とは限りません。求人情報欄に「完全週休2日制・土日祝休み」などのように休日の曜日や祝日について明記されていない場合は面接の際などに確認したほうがよいでしょう。

https://type.jp/s/glossary/con_405001.html

 

でも整骨院とかだとそこまで細かく分けてないような気もするが。。。)

そして祝日は休みなのか、勤務ありなのかでも変わってくる。

まあ早い話年間休日を聞けばいいのだが、、、

 

いくつか例を出して比べてみる。

土日祝休み+年末年始休み5日+お盆休み3日休みの場合年間休日が120日くらいである。

シフト制などの完全週休2日制で祝日関係なし+年末年始+お盆休みの場合年間休日が110日くらい。

 

まあ整骨院で土日祝休みっていうのは滅多に無いと思うが

日曜日と、土曜午後水曜午後と祝日休みとかはあると思う。

 

休みの日数が多いのがいい人はそういうところを探すと良い。

③勤務時間が大事な場合

勤務時間については、整骨院と整形外科で比べると整形外科の方が短いことが多い。平均的な話ね。

あくまで一例だが、整骨院では20時までになっていたらその後に色々と作業があったり

20時ぎりぎりに患者が来たりなどもあって遅いと22時から23時くらいまで働いてる事がある。

もちろん残業代が出るところは少ない。(私の知る限りない)

 

もちろんその整骨院によって違うとは思うが

募集要項には9時から12時15時から20時などと書いてあっても、

 

昼も夜も終わるのは多少遅くなると思ったほうがいい。

なので整骨院に務める限り勤務時間の長さは仕方ないと思うが

職場を探すときに注意するとしたら、まずは見学面接時にしっかり聞くことだ

 

新入社員は朝何時から出社しますか?帰るのは何時頃ですか?

たったこれだけでいい。

 

 

聞き方も大事だが、この質問に嫌そうに答えるような整骨院なら務めないほうが良いと思う。

しかし面接時に時間などを聞いていても

入社したあと、最初に聞いた時間と違う事もある。。。

 

 

そういう事の対策としては、私は近い職場なら夜遅い時間にそこを通ったりしてまだ電気ついているかを確認していた。

あと最近だとSNSもあるので、整骨院名などを検索して、そこで働いている社員の投稿などから何時くらいに帰ってるかとかを調べる方法もありだと思う。(現代っ子作戦)

 

ちなみに僕が働いた整形外科では、

面接した総務の人の言っていた出勤時間と、

現場の主任に言われた出勤時間は30分くらい違っていた。笑

 

これは大きい会社などならではかも知れないが、総務の人の思っている時間が正しかったのだが

現場の人たち的には新入りだから早く来て準備をしなさいという事だった。

 

なのでできれば現場の主任などに確認できればより良いと思う。

 

 

整形外科だと柔道整復師ならばそんなに書類業務などもないだろうし

一回の治療などもそんなにかからないだろうから整骨院ほど伸びることはないんじゃ無いかな。

あと病院の方が比較的営業(診療)時間も短い傾向にあると思う。

 

④お金が大事な場合

このもらえるお金というのも

何もわからず目先の月給だけで決めると、もっといい条件が他にあったりする。

 

私自身も新卒の時、

自分が一体どれだけ社会保険料で引かれるかも知らず

 

給料の上昇率がどれくらいかも聞かずボーナスがどれくらいでるのかも聞かず

とかなり無知な状態だった。

 

まあ学校ではそんなとこまで習わないし

ましてや、ボーナスや昇給率などを自ら明らかにしてくれる整骨院、整形外科なんて言うのも少ないと思う。

(ちなみに社会保険料はだいたい3〜4万くらいかな?初年度は)

 

 

なのでお金が一番大事なのであれば

月給が高いから決めるのではなく。

 

年に何回昇給があって、

だいたいいくら昇給する事が多いのかボーナスは年に何回あって、

だいたいいくら位もらえるのかは聞くべきだと思う。

 

具体例で見ていくと

A.月給28万でボーナス無し

B.月給25万でボーナス年二回25万ずつ

だと

A.28×12=336万

B.25×12+25×2=350万

となるのでBの方が年収は高くなる(ボーナスも社会保険料引かれるが…)

 

整骨院の中にはボーナスが無いところもあるし

整形外科でも昇給が全然無いところもあると思う

これに関しては、整骨院と整形外科どっちの方が良いかと言われても難しいと思うが…..

 

(最近大手グループ整骨院だと28万スタートとかで昇給の金額も明確なところもあるよ)

 

しかし、雇われて働く以上そんなにこの資格は高収入は得られないと思う。

雇われ院長とかになっても月30〜40万が限度じゃないかなあ。

そんなもんです。

開業して成功すれば数倍もらえるかもね(もうおすすめはしないけど)

整骨院開業で稼げるお金はこの記事で

【整骨院開業後の年収】整骨院って儲かるの? 開業してもお金持ちにはなれない!この記事では柔道整復師が開業した場合の年収を教えています。柔道整復師の年収を知りたい人はこの記事で稼げない事がわかります。...

 

⑤外傷の技術が大事な場合

技術の中でも、手技なのか外傷なのかわかれるが

外傷技術が大事な場合に注意するポイントから

 

まず外傷を学びたいなら整形外科に勤めるべきだと思う。

その理由として

<div class=”simple-box7″><p>

・整骨院と比べて、整形外科のが圧倒的に患者数と外傷数が多い事

・整骨院では骨折の後療法には医師の同意がいる事

・固定具など病院のほうが揃っている

・骨折の治癒過程をレントゲンを見ながら確認できる

</p></div>

 

 

と他にもあるが、こんな事が理由としてある。

 

整形外科を選ぶ時は、柔道整復師がどんな仕事を担当しているかを確認したほうがいい。

固定とか整復はすべてドクターが行う整形外科もあるだろうし

中には助手で入らせてくれるところもあると思う。

 

外傷を学びたいなら、固定や整復などもやらせてくれる整形外科を選びたい。

実際に見学した時に聞くのが1番良いだろう。できれば現場の人に。

(固定具でプライトンとか綿包帯、厚紙とか多いと、柔道整復師が活躍してんのかな。と個人的には思う。)

 

どうしても整骨院で働きたい場合は

最低でも、固定具が揃っている事(包帯、三角巾、松葉杖、プライトン、アルフェンス、シーネくらいは欲しい)

 

あと超音波検査機があるところなどはいいかなと思う。

⑥手技の技術が大事な場合

手技を学ぶ事を大事にしたいのであれば

自費施術に力を入れている整骨院で働くといいと思う。

 

正直整形外科では、そんな大した手技は期待できないし。整形外科学的アプローチになるしね。

保険をあまり使わないで自費でお金をとっていると言うことは

ある程度結果を出せる自身や技術があるからやっていると思う。

 

 

最近多い高単価の、整体院なども手技を学ぶ上ではいい職場だと思う。

私もそんなところで働いてみたいとも思う。

 

 

しかし最近はセミナーとかも多数あるので

職場に技術を求めるより技術を使いやすい職場を見つけて

自分で学んできて、言い方は良くないが患者に試すことができる方がいいかなと思う。

 

 

⑦まとめ

以上で職場選ぶときの注意点を終わりにする。

転職の人は、周りの知人などから色々と情報を得たりできるかも知れないが

新卒はそうも行かず、学校の説明会にきた整骨院の話聞いていいと思って入社したものの

実際働いてみると話と違って、

 

入って1ヶ月で辞めた。なんて話もよく聞く。

そんな就職先を選ぶのに不安な人達に少しでも手助けができればと思う。

まずは自分が何を求めているのか、お金なのか休みなのか

それをはっきりさせる事が大事。

 

手技を求めてないのなら私は介護現場での機能訓練指導員をおすすめする。

 

機能訓練指導員の情報まとめ! 現役機能訓練指導員が解説! この記事では柔道整復師がなれる機能訓練指導員について紹介しています。私自身の転職経験も生かした内容を紹介しています。機能訓練指導員ってなに?と思っている方や機能訓練指導員になろうとしている人に向けてます...

 

もし、何かあればお問い合わせから連絡して貰えればいつでも相談を受けます。

シュウカツがんばろう!

 

介護系のオススメ転職サイトの記事はこちら

[blogcard url=”https://zyusei.com/post-610/”]

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です