筋トレ

自家用パワーラック組み立て! Barwing 03 [Youten]のパワーラックを買って組み立てた。②

Pocket

 

こんにちは! ささです

 

今回は引き続き、格安パワーラックの組み立て

ラットプルダウンとシーテッドロウができる部分を組み立てる!

説明書はこちらから

工具は17のレンチ二個を使いました。

 

 

二ヶ月使用した後のレビューはこちら

[blogcard url=”https://zyusei.com/post-483/”]

 

 

商品はこちら

 

 

①土台となるポールとウエイトホルダーを付ける

 

この黒いやつに、穴が二つ開いた棒状の金属を乗せて

そこに銀のポールを通す。

下をまずボルトで止める。

上も同じようにボルトで止める。

これでポールと重りを付けるウエイトホルダーが完成。

 

②下の滑車フレームと、上のフレームを付ける

 

まず下を安定させたかったので下からつけた。

次に上を取り付ける

なんかパワーラックの時よりも、パーツの区別がつきやすく

割とささっと進んだ。

この上の部分などは、寝かしてつけたほうがらくだと思う。

結構高くて身長180くらいある私でも上には届きにくかった。

とりあえずここまでの完成型はこんな感じ。

高いのでうえが入りきってないが、独立してます。

(ぼろぼろふすまは後日取り外しました。)

 

 

③ワイヤーと滑車をつける

 

フレームに滑車を付けて、ワイヤーを通す。

私がやったときは、滑車をつけちゃうと

ワイヤーが通らなかったから、うまく先にワイヤーを通してからボルトをとめた。

あとはウエイトホルダーのところに接続すればOK

 

 

④実際に使ってみた感想

 

 

最初はウエイトホルダーのすべりが悪く、重りを引くのはうまくいくが

重りをおろすとき(伸張性収縮が広背筋にかかる時)がスムーズに落ちなかった。

 

しかし、何回もやっているうちにスムーズになってきて

1日の使用後には不快感を感じなかった。

 

 

まあこれは潤滑油でも塗れば解決すると思う。

 

 

これで自宅にパワーラックとプル系のできるマシンがそろった訳だが

トレーニングのやれる種目数は増えたし

効率もよくトレーニングできている。

 

 

大人二人で

インクラインベンチが30分

パワーラックで90分

ラットプルで90分くらいかかった。

 

工具も大事でレンチもこのソケット型で色々調節できるものを使うと

素早く組み立てできるので購入をおすすめする。

 

 

レンチが2本無いと組み立てられないと思う。

 

 

 

 

最近は肩を痛めてしまったのでベンチプレスはやれていないが

バーベルスクワットも楽にかつ安全にできて

インクラインベンチがあるから、インクラインのアームカールやダンベルフライもできる

さらにチンニングもできるし

ラットプルやローイング、ケーブルのアームカールにエルボーエクステンションもできる。

かなり幅が広がった

 

 

これで5万円というのはかなり安いと思う。

ジム代半年分くらいかな

いまこのラックは6畳くらいの部屋においてあるが

2,3畳スペースがあれば設置できると思う。

 

ホームトレーニングをしようとしているならぜひ購入を勧める!

 

現状この器具で満足しているが

あとプレートを置き場がほしいと思っているので時間があれば自作したい。

 

 

結果大満足です。

 

パワーラックの組み立てはこちらから

[blogcard url=”https://zyusei.com/post-137/”]

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です