臨床の話

今話題の筋膜治療の基礎 アナトミートレインについて考える【SBL編】

Pocket

 

こんにちは! ささです。

今回は今多くの治療に使われている、

筋膜をアナトミートレインをふまえて紹介したいと思う。

 

内容は基礎的なことが多いので初心者や導入として使ってもらうと良いかと思う。

 

痛みのある部位の原因が、痛みのある部位以外にあるという考え方などは

この筋膜のつながりなどを学べば、

多少イメージがつくと思う。

 

 

①SBL スーパーフィシャル・バック・ライン

 

 

アナトミートレインには細かく載っているが

簡単に言うと、頭部から背部〜大腿裏〜足裏の指先までつながっている筋膜ラインのことを言う。

 

 

②SBLの役割

 

このSBLがあることによって

体幹の前屈を防ぎ、姿勢を保っている。

 

つまり、頭部前方移動や円背気味であるとSBLに対して

常に伸張性のストレスがかかることになり

 

結果として背部痛や腰痛、頚部痛につながることがある。

この場合は、SBLの緊張緩和よりも

後々出てくるSFL(前面)の緊張緩和をして、SBLに伸長性ストレスがかかる要因を除いたほうが良いと思うが

 

 

詳細はまた今度にして

今回は単純に、腰部の筋膜の硬さがありその影響で頸部痛が出ていたりする事もある

といった例を上げとく。

 

 

 

③SBLを使って治療した例

 

原因もなく、慢性的な頚部痛に悩まされていた方

ずっと局所的なアプローチをしていたが

症状はマッサージを受けたときだけ良くなり

すぐ元に戻ってしまう。

 

おそらくマッサージによって血行が良くなったして

一時的に痛くないよう感じたんだと思う。

 

これだと、対症療法的な感じで根本の解決にはならなかった。

 

 

そのため、評価をして腰部背部の筋膜リリースを行ったところ

頸部痛が消失した。

これは、SBLのつながりが関与していて

腰部背部の筋膜に硬さが出ていることで

SBL上でつながっている、頚部のほうに負担がかかり

頚部痛として症状が出ていたんではないかと思う。

 

もっと詳しく見ていくならば、全体の姿勢などを評価して

なぜ腰部背部の筋膜の硬さが出てしまっているのかを考える必要があると思う。

 

 

例えば、

そのままSBL上の下腿三頭筋の緊張が強いからそこから腰部背部への負担が来ている。とすると

⇒なぜ下腿三頭筋の緊張が強いのか?

⇒立位姿勢が、前方荷重になっていて、常に足底筋に負担がかかっている

⇒なぜ前方荷重になるか?

⇒骨盤が前方偏位しているため、重心が足部前方に来る

⇒なぜ骨盤が前方偏位しているか?etc…..

 

こういったような全体の評価をしていく必要があると私は思う。

この評価を素早く、正確にできるようになりたい。

 

 

 

私自身ここまで詳しくみる事は出来ていないが、

この辺を理解するには運動連鎖なども学ぶ必要があるため、

運動連鎖についても後日学んでアウトプットしていきたい。

 

 

 

私が行った筋膜リリースは、

腰部背部に握り拳の基節骨部分を当て

痛くない範囲で自動の体幹屈伸をさせるものであった。

 

大きな見方からすれば、これもまだ局所的だと言われるだろうが

実際に効果があったので一例としてあげる。

 

 

④まとめ

 

今回紹介したように、現場での治療も

筋膜を理解して行うものが増えてきてると思うし

成果も出る気がする。

 

慢性痛などで、痛いところずっとマッサージしててもよくならないよね。

それはそこに原因が無いからであり、もっと全体的に体を評価する必要があるんだろう。

 

もちろん、捻挫とかそういったものは局所的な、アプローチが必要と思うが

慢性的な痛みでなかなか改善されない場合

局所から、全体的に見方を変えると良いと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です