国家試験

柔道整復師の国家試験合格率は? 年々下がっているって本当?

Pocket

 

こんにちは! ささです

 

今回は国家試験の合格率について調べてみた。

去年の合格率が悪いと

次の年は簡単になるとか

私の時代は言われていたが

 

調べてみると今はそうでもないかも…

と気づいた。

 

①過去の国家試験合格率

 

試験回数(年度)受験者数(名)合格者数(名)合格率備考
第1回(平成4年度)1,066名963名90.3%
第2回(平成5年度)1,194名1,059名88.7%新卒92.4%
既卒45.8%
第3回(平成6年度)1,213名1,005名82.9%新卒90.3%
既卒26.8%
第4回(平成7年度)1,276名1,063名83.3%新卒92.9%
既卒31.8%
第5回(平成8年度)1,296名1,137名87.7%新卒96.0%
既卒42.5%
第6回(平成9年度)1,251名1,071名85.6%新卒94.1%
既卒23.8%
第7回(平成10年度)1,266名1,091名86.2%新卒95.9%
既卒23.5%
第8回(平成11年度)1,260名1,024名81.3%新卒91.0%
既卒14.9%
第9回(平成12年度)1,338名1,041名77.8%新卒89.7%
既卒22.1%
第10回(平成13年度)1,439名1,128名78.4%新卒91.7%
既卒21.9%
第11回(平成14年度)2,454名2,108名85.9%新卒92.4%
既卒35.6%
第12回(平成15年度)3,000名2,215名73.8%新卒80.7%
既卒15.8%
第13回(平成16年度)4,122名2,902名70.4%新卒79.7%
既卒26.7%
第14回(平成17年度)5,127名3,755名73.2%新卒85.2%
既卒32.5%
第15回(平成18年度)5,944名4,416名74.3%新卒85.9%
既卒33.8%
第16回(平成19年度)6,702名5,069名75.6%新卒87.7%
既卒32.8%
第17回(平成20年度)6,772名4,763名70.3%新卒84.4%
既卒24.2%
第18回(平成21年度)7,156名5,570名77.8%新卒91.1%
既卒40.6%
第19回(平成22年度)6,625名4,592名69.3%新卒83.4%
既卒21.1%
第20回(平成23年度)6,754名5,227名77.4%新卒92.7%
既卒37.7%
第21回(平成24年度)6,503名4,438名68.2%新卒83.7%
既卒13.6%
第22回(平成25年度)7,102名5,349名75.3%新卒91.3%
既卒32.2%
第23回(平成26年度)6,858名4,503名65.7%新卒80.8%
既卒14.7%
第24回(平成27年度)7,115名4,582名64.4%新卒82.3%
既卒22.6%
第25回(平成28年度)6,727名4,274名63.5%新卒82.9%
既卒22.5%
第26回(平成29年度)6,321名3,690名58.4%新卒78.5%
既卒16.7%

引用元:http://www.zaijusei.com/introduction_1_shiken.html

 

平成4年から試験が始まったわけだが、年々受験者数が増えて

平成21年度には最多の受験者数7156名になっている。

 

合格率は、最初頃は90%近かったが

徐々に下がって70%ほどに。

 

既卒の合格率は過去を見ても50%を越えることがないので

柔道整復師の国家試験は、学校を卒業した後に受験しても

受からないことが多い。

 

合格率が低い年の次の年は

合格率が上がり、例年通りになることが多かったが

ここ最近は合格率が上がらず

ずっと下がっている。

 

詳しく過去5年間をみてみる。

 

 

②過去5年間の合格率

試験回数(年度)受験者数合格者数合格率備考
第22回(平成25年度)7,102名5,349名75.3%新卒91.3%
既卒32.2%
第23回(平成26年度)6,858名4,503名65.7%新卒80.8%
既卒14.7%
第24回(平成27年度)7,115名4,582名64.4%新卒82.3%
既卒22.6%
第25回(平成28年度)6,727名4,274名63.5%新卒82.9%
既卒22.5%
第26回(平成29年度)6,321名3,690名58.4%新卒78.5%
既卒16.7%

引用元:http://www.zaijusei.com/introduction_1_shiken.html

 

平成25年度から合格率はずっと下がっている。

今までは、合格率が低い次の年は

合格率が高いことが多かったが

ここ5年は年々問題も難しくなり

合格者が減っている。

 

 

平成29年度の新卒合格率は78.5%であり

新卒合格率が70%代になるのは

平成16年度以来である。

 

つまりこれは、大学を卒業できた新卒の人でも

10人中約2人は不合格になる。

 

昔からは考えられない厳しさになってきている。

 

でも約80%が受かる試験って思うと

まだまだ合格はしやすい試験と言えるだろう。

 

 

ちなみに他の資格の平成29年度の全体合格率は

 

あん摩マッサージ指圧師はが約83%

鍼師と灸師が併せて約60%

理学療法士は約81% (合格者1万人超)

となっている。

 

これをみても柔道整復師は近年

合格者数を減らす方向に来ているように感じる。

 

③今後の予想

 

今後も、合格者数は減るもしくはこのまま維持されるだろう。

 

新しく柔道整復師学科を作る学校も

これから増えていくこともないだろうし(もう散々増えた)

 

毎年6000人も柔道整復師を生み出していたら

どんどん整骨院ができていき

柔道整復師が溢れていく。

 

いくら高齢化でお年寄りが増えて

需要が増えるとしても

 

本来の整骨院の役割は

整形外科が増えたためほとんどなく

 

整骨院の中でも生き残り競争が生まれ

違法なサービスやギリギリなところをついて

生き残ろうとする人たちが増えてくるだろう。

 

 

整骨院の現状はこちら

[blogcard url=”https://zyusei.com/post-65/”]

 

 

そんなことにならないようにするためにも

柔道整復師を残らせるためにも

合格者数は減らすべきだと思う。

 

④まとめ

 

今回、柔道整復師国家試験の合格率の変遷をまとめた

 

昔は受験できればほぼ合格できたが

年々合格率は下がっていて

問題も難しくなっている傾向にある。

 

しかしながらまだ新卒であれば80%ほどの人が合格できるので

そんなに心配しなくて良い。

しっかり勉強していれば合格できる。

 

 

学生向け勉強法はこちら

[blogcard url=”https://zyusei.com/post-219/”]

 

今後も合格率は下がっていくことが予想されるが

既卒になると合格率が一気に下がるので

必ず新卒で受かっておきたい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です