20代悩み

20代夫婦の生活費はいくらかかる?節約ポイントは? 【20代家計を公開!】

Pocket

こんにちは! ささです。

ネコ
ネコ
二人で暮らすとどれくらいお金かかるの?

どこの項目が簡単かつ効果的に節約できるの?

白衣さん
白衣さん
この記事では実際の支出総額を公開して

生活費を抑えるポイントを紹介するよ!

 

今回はこれから二人暮らしをしようとしている人や現在二人で暮らしていて生活費が気になっている人に向けて

年間の支出を公開してどれくらい生活費がかかるのかどこを節約できるのかを紹介していく。

やっぱり新しい生活をする時は今の給料でお金が足りるのかが心配になる。

この記事でその心配も解決できます!

 

記事のまとめ

二人でだいたい月20万円の費用がかかる。

固定費を見直すことが、生活費を抑える重要なポイントになる。

特に携帯代は格安スマホに変えるだけで二人で月1万円以上節約できる。

①二人暮らしの費用

まずかかった費用をまとめた表を見ていただく。

【二人暮らしの費用】

見やすいように年間の平均値も算出した。

月あたり約20万円ほど二人で生活するのにかかる事がわかる。

共働きならば、毎月何十万円と貯金できるだろう。ちなみに個人の日用品、服、交際費は基本的にお小遣いから支出している。

この支出を見てもらうと、他の家庭より食費や携帯代の金額がかなり低いと思う。

 

携帯料金は二人合わせて約4000円となっている。

これは、いくつかの生活費を節約するポイント

行ったためにこの金額に収まっている。

 

その詳細も今回紹介していく。

②生活費の節約ポイント

固定費を減らす

月の中で固定的に支出するものは保険代(医療・生命・車)、家賃、携帯代、光熱費など

 

この中で一番簡単に、大きく減らせるのが携帯代である。

 

大手3キャリアだと一人当たり月6~8000円ほどかかる事が多い。

私も以前S社だったころは7000円を超えていた。

 

今は格安スマホの楽天モバイルを使っているため。

一人当たり月2000円で利用できている。これで月1万円以上節約している。

 

私も使っている楽天モバイルについてはこちら↓

【夫婦で月1.5万円節約!!】楽天モバイルのメリット・デメリットをレビュー こんにちは! ささです。 今回は固定費を減らすためにスマホを大手キャリアから 楽天モバイルに変えてその後数年使っている私...

外食回数を減らす

固定費とは違うが、外食を減らすのも食費を抑える手段。

もともと外食が多い家庭ではなかったのでそんなに苦痛でもなかったが9割自炊で

昼食もお弁当を作って持参している。

自炊ができない人は仕方ないがなるだけがんばってやればだいぶ食費も抑えられる。

 

もし昼食も毎日500円使っていたらそれだけで月1.5万円になってしまうし

夕食に1000円使っていたら月3万円になる。

 

二人分なら二倍で、約9万円/月が食費ででかかってしまう。

③まとめ

 

これから同棲を始めたり結婚してからの生活費を心配する方は多いと思う。

 

私自身も二人で暮らす前にはネット検索した記憶がある。

おそらく、他の方々より我が家庭は比較的少ないほうであろう。

お小遣いも大抵余って貯金に回しているしもともと浪費を余りしないタイプであった。

 

しかしながら、携帯代と外食の見直しは

誰でもやればその月から大きく変化が出る。

 

もちろん電気代や水道代も減らせるなら、減らしたほうが良いが

努力の割りに効果が出にくい。

その他、保険も見直すことで大きく固定費を下げる事ができるのでおすすめ。

 

月1,2万円の節約が年間20万円ほどの貯金に繋がり

結婚資金や将来の子供の費用に使える。

 

これから二人で暮らす人も今から準備する事で

スムーズに二人暮らしが始められるようにしましょう。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です