楽天のある生活

【楽天モバイル プラン】スーパーホーダイの詳細と絶対に確認すべき注意点

Pocket

こんにちは! ささです。

私も使っている楽天モバイルで最近登場したスーパーホーダイというプランについて紹介する。

 

ネコ
ネコ
スーパーホーダイってなに?

またややこしいプランが出たの?

とろっこ君
とろっこ君
割引制度がすこし複雑だけど通話を使う人はかなり安くてオススメなプランだよ。

この記事をよめば、スーパーホーダイの内容と注意点を理解する事ができるよ!

 

 

 

スーパーホーダイの特徴は通話10分かけ放題と高速通信が使え、

かなり格安な料金になっているプランである。

 

今回はそのプランの詳細やプランの割引時の気付きにくい落とし穴

メリット・デメリットについて紹介する。

 

 

これから楽天モバイルを利用しようとしている人

格安スマホに変えようとしている人

プランをスーパーホーダイに変更しようとしている人は絶対に確認して欲しい。

 

契約する前に見落としが無いように注意しよう。

 

 

記事のまとめ

・割引がたくさんあり最安値で月980円でかけ放題と高速通信が利用できる

・通信制限後も最大1Mbpsの速さで使用できる(あくまで最大)

・高速通信でない場合混雑時間帯12時~13時/18時~19時の間は最大300kbpsになる

・長期割、楽天会員割が2年間のみ有効

・ダイヤモンド会員割は1年目のみ有効

・最低利用期間を過ぎた後はいつ解約しても契約解除料はかからない

・1回目で2年以上スーパーホーダイを使用し

・プラン変更により2回目のスーパーホーダイを使用する場合は割引は適応されない

 

 楽天モバイル申し込みはこちら

 

①月額料金

 

 

スーパーホーダイには4つのプランがある

そのプランの違いは高速通信ができる容量である。

・プランS    2GBまで   2980円

・プランM   6GBまで   3980円

・プランL    14GBまで   5980円

・プランLL   24GBまで  6980円

となっているので自分にあった容量を選ぶ事ができる。

 

月額料金は2980円~6980円になっているが

画像にもあるように様々な割引システムがある。

 

すこし割引のシステムが複雑であるがしっかり把握しておかないと後々払う料金が

自分の想定と変わってきてしまうので確認しよう。

②割引システム

割引システムは2つある。

 

引用元:楽天モバイル公式HP

 

Ⅰ長期割

Ⅱ楽天会員割/ダイヤモンド会員割

ネコ
ネコ
この割引制度が複雑でわかりにくいね。

結局、いつまでどの割引が有効なの?

 

とろっこ君
とろっこ君
詳細をこれから説明していくよ。

③長期割とは?

スーパーホーダイプランの最低利用期間を設定する事で

月々の金額に割引される。

 

3年の最低利用で

2年間ずっと月1000円割引

 

2年の最低利用で

2年間ずっと月500円割引される。

 

2年の最低利用で長期割を適用して契約した場合

2年以内での契約解除には9800円の契約解除料がかかる。

 

最大月1000円もの割引はかなり魅力的。

この割引だけでも年間12000円ものお金が節約できる。

長期割の注意点

この割引制度にも少し注意点がある。

それは割引適応期間が2年間という事である。

 

例えば、

プランSで3年間最低利用の長期割のみを使用した場合

2980円から1000円引いた月1980円で2年間は使える。

 

しかし3年目以降は長期割が適応されないので

月2980円に戻る。

最低利用が3年なので少なくとも

1年間は2980円の料金で支払わなければならなくなる。

 

楽天会員割+ダイヤモンド会員割

 

楽天会員になると、2年間月500円の割引が適応される。

 

楽天会員とはネットで登録が簡単に出来て登録無料、年会費も無料なので

みんなが使ったほうがいい割引になる。

さらに楽天会員のランクがダイヤモンド会員の人は

1年間のみ・ダイヤモンド会員の月は500円割引される。

ダイヤモンド会員になるためには

・楽天カード保有

・過去6ヶ月4000ポイント獲得

・過去6ヶ月ポイント獲得回数30回

が必要です。

 

楽天会員割の注意点

先ほどと同じように、楽天会員割は2年間だけ

ダイヤモンド会員割は1年目かつダイヤモンド会員の月のみ。

割引のまとめ

プランSでの最安値である月980円は1年目でしかできず。

2年目以降は長期割3年と楽天会員割で1480円

3年目以降は割引無しになるので2980円になってしまう。

③メリット

Ⅰ格安な料金

割引を最大に使うと、1番安いプランで月980円という格安で

電話を10分かけ放題とネットも高速通信は2GB使える。

 

この安さが最大のメリット。他社のかけ放題プランを見ても2000円くらいする。

Ⅱ通信制限後も最大1Mbps

スーパーホーダイでは高速通信容量を超えてしまっても

最大1Mbpsでネット通信を利用できる。

1Mbpsというのは、動画をみたり

アプリをダウンロードするには重いが

普通の検索やラインでの文字送信くらいはスムーズに行える。

 

いろいろ試したり調べたりした結果、意外と1Mbpsは使い物になることがわかりました。

長時間の動画を見たり、映画をダウンロードしたりと、大きなサイズのデータを使うのは厳しいですが、Twitterを見たりYoutubeを見たり、ネットで調べ物をするくらいなら問題なく使えました。

引用:https://wakaruba.com/1mbps-speed/#toc14

 

この記事ではユーチューブやツイッターも可能と書いてあります。

 

他社のプランだと通信制限後の通信速度が128kbpsや300kbpsが多く

容易にLINEできなかったり

検索したページがなかなか開けなかったりしてイライラすることが増える。

 

しかしスーパーホーダイだと最大1Mbpsあるので

他社よりも最大で約3~10倍の速さで使う事ができる。

Ⅲ余った高速通信容量を繰り越せる

楽天モバイルでは、余った高速通信容量を来月に繰り越す事ができる。

 

例えば6GBの場合、今月3GBしか高速通信容量を使わなかったら

来月は3GB分を繰り越す事ができ、9GB分の高速通信容量を持つことができる。

 

このシステムは組み合わせプランにもついていて

私が普段使っている3.1GBプランでも毎月のようにデータを繰り越しているので

通信制限になったことが無い。

 

これはかなり優秀なサービスである。

Ⅳ最低利用期間を1年から選べる

スーパーホーダイの利用期間は1年から選ぶ事ができる。

最低利用期間を伸ばす事によって長期割が適応になるが

 

とりあえず使ってみたい人にむけて

最低利用期間が1年から選ぶ事ができる。

 

他社では2年縛りかつ、

契約解除の期間が24ヶ月目から26ヶ月目の間しかなく

それを過ぎたらまた勝手に2年縛りの契約が更新される事が良くあるが

スーパーホーダイでは1年から最低利用期間を選ぶ事ができて

しかも最低利用期間を過ぎた後はいつ解約しても

契約解除料はかからない。

 

引用元:楽天モバイル公式HP

 

最低利用が1年~あるのも良心的だが

契約解除料が最低利用期間を越えたらいつでも無料

というのもかなり良心的なプラン。

 

 楽天モバイル申し込みはこちら

④デメリット/注意点

Ⅰ最低利用期間中はプラン変更できない

スーパーホーダイの中でのプラン変更は月1回できるが

 

最低利用期間中は、スーパーホーダイから組み合わせプランへの変更はできない。

 

最低利用期間を過ぎるまで使用するか

契約解除料を支払うかしないとならない。

Ⅱ割引が3年目にはすべて無くなる

長期割や楽天会員割が2年間までなので3年目は割引がなくなる。

 

他社のプランでも似たようなパターンは多い

1年目は2000円だけど2年目は3000円かかります。

のようなものをよくみる。かなり小さく書かれてたりする。

 

スーパーホーダイの場合は多くの割引が2年間のみなので

3年目は割引無しの価格で支払う事になる。

 

もしそれが嫌ならば最低利用期間を2年間にして

長期割で500円割引してもらい2年使ったら解除するのが良いだろう。

 

割引のある期間をつかって解除できるだけ、楽天モバイルは良心的だと思う。

 

ダイヤモンド会員割も

1年目のみとなるので注意が必要。

 

例えば、プランSで

長期割3年と楽天会員割+ダイヤモンド割(以下D割)の場合

1年目 980円/月 

割引詳細【長期割-1000円、楽天会員割-500円、D割-500円】

2年目 1480円/月

割引詳細【長期割-1000円、楽天会員割-500円】

3年目以降 2980円/月

割引詳細【なし】

となる。

Ⅲ通信制限後の通信速度はあくまで最大値

高速通信容量を使い切った後の通信速度が1Mbpsでる話を

メリットのところでしたが、

あくまでそれは最大値なので注意して欲しい。

 

場所や時間帯によっては1Mbpsが出ない事もある。

よくみないと、通信制限後も常に1Mbpsでると勘違いしやすい。

 

さらに混雑時間

12時~13時/18時~19時は300kbpsになる。

 

どうしても通信速度が気になる場合は高速通信容量が多くあるプランを利用し

通信制限にならないようにしたほうが良いだろう。

現在の通信量/月を確認してみると良い。

Ⅳプラン変更により再度長期割はできない

ネコ
ネコ
ふと思ったけど、長期割と楽天会員割ってプラン変更したら再度適応できるの?

そうしたら、何回も割引使えるけど…

 

とろっこ君
とろっこ君
割引は2年間のみなので、2年利用した後にプラン変更しても長期割などを再度適応する事はできないよ。

 

プラン変更により再びスーパーホーダイに戻った場合も

前回の利用期間が継続されると考えられるらしく

長期割と楽天会員割は適応されないらしい。

(楽天モバイルオペレーターに問い合わせた)

 

まあそんなずっと割引が聞く方法などは無いって事だね。

⑤どんな人に向いているか?

1番は通話をたくさん利用する人。

 

スーパーホーダイプランSで割引なしで3000円、

 

組み合わせプラン3.1GB 約1700円

つまり通話料金で1300円を超える場合はスーパーホーダイに加入したほうが良い。

 

具体的に言うと

楽天でんわを使った場合30秒/10円なので

単純計算で65分/月以上通話する人にはオススメだろう。

 楽天モバイル申し込みはこちら

⑥まとめ

スーパーホーダイは全体的に良心的だと思う。

他社に比べやすいし、通信速度も遅くなりにくい。

 

しかし、細かく見てみないと誤解しやすいところや

勝手に勘違いしてしまうところがある。

メリットデメリットをしっかりと確認してから契約をしよう。

 楽天モバイル申し込みはこちら

 

楽天モバイルの支払いには、楽天カードがオススメ!

楽天カードは、年会費永年無料で発行手数料も無料のクレジットカード。学生でもフリーターでも作成できる審査が比較的楽!

さらに楽天カードは業界最高クラス1%の還元率で100円につき1ポイントが貯まる。1ポイントは1円として、スマホ料金や楽天市場(ネットショッピング)や街でも使用できる。

私の楽天モバイル明細↓

このようにポイントで全額支払う事もできる。

また、楽天会員+楽天カード+楽天モバイルの利用で楽天市場の買い物ポイントが常時5倍になる。

 

楽天モバイルを使う人は先に契約して楽天カードを手元に持っておくと契約時の支払いも楽になりメリットだらけで、年会費永年無料・発行手数料無料の楽天カードをおすすめする。

楽天カード申し込みはこちらから(無料!)

 

楽天カードの詳細はこちら↓

楽天カードのメリット・デメリットは? 楽天ユーザーは利用すべきクレジットカード!この記事を読む事で楽天カードのメリット・デメリットがわかります。実際に使った感想もあるのでクレジットカード選びの参考になります。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です