整骨院

柔道整復師(整骨院)の療養費と受領委任払いを理解し不正に関与しないポイント!

Pocket

ネコ
ネコ
整骨院でよく聞く「療養費」や「受領委任払い」ってなに? 

白衣さん
白衣さん
  難しい言葉が使われているけど抑えるポイントは簡単だよ! 受領委任払いがあるから整骨院では窓口負担金が3割くらいで済むんだよ。

整骨院を利用していると、「療養費支給申請書にサインを~」とか「整骨院では受領委任払いが適用され~」などと【療養費】と【受領委任払い】と言う二つのワードをよく聞く。

しかしながら、それらについての説明は少なく中には柔道整復師(整骨院の先生)ですら理解していないケースがある。
特に受領委任払いの制度については理解していないと、整骨院の不正に巻き込まれてしまう可能性があるのでしっかりと確認しよう。

この記事では、整骨院で良く使われるがイマイチわかりにくい【療養費】と【受領委任払い】について説明しています。
整骨院で説明をしてもらったけど納得してない人や、そもそもわからない人が見ることで用語の意味を理解する事ができます。
その理解する事によって、整骨院の不正から身を守れるようになります。

記事のまとめ

療養費制度は例外的な存在で現金給付をする。
整骨院での施術は療養費の対象だが、受領委任払いがあるため窓口会計で自己負担額が少ない。
しかし受領委任払いをする時に白紙の療養費支給申請書にサインしてしまうと知らない間に不正に巻き込まれてしまうことがある。
療養費支給申請書は内容を確認した後に書こう。

①療養費とは何か?

健康保険の医療給付は、保険医療機関等で現物給付として“療養の給付”を行うのが原則です。例外として、現金給付としての“療養費”制度があります。 
近くに保険医療機関がなかったりやむを得ない事情などで、“療養の給付”を受けることができない場合があるので、これを補うために現金給付が設けられています。 
具体的には

【1】旅先での急病などで保険証を持たずに診療を受けるときや、やむを得ず保険医以外の医師の診療を受けた場合
【2】コルセット等の治療用装具
【3】柔道整復師(接骨院、整骨院、ほねつぎ)による施術
【4】はり・きゅう・あんま・マッサージ
【5】生血液の輸血
【6】医療機関への患者の移送費

等が該当します。

引用元:http://www.ykk-kenpo.jp/qa/qa_jyuusei.htm

専門用語が多くわかりにくいので簡単に説明すると
病院などで健康保険を使って医療を受ける場合、現物給付として「療養の給付」がされる。結果病院では自己負担金のみ払えば医療を受けられる。

しかし例外的に、上記6項目では療養の給付を受けられないので全額自己負担をして
療養費制度によって後日申請する事で現金給付(お金が返ってくる)が行われる。

療養費というのは全額自己負担して後日お金が返ってくる制度だと思ってもらえればいい。
柔道整復師が行う施術も療養費の対象となる。

ネコ
ネコ
あれ?柔道整復師(整骨院・接骨院)の施術も療養費制度の対象だけど整骨院って全額自己負担じゃなくて3割とかの自己負担金でお会計するよね?
白衣さん
白衣さん
 そう!柔道整復師(整骨院・接骨院)は受領委任払いという制度があるために全額自己負担せずに済むんだよ。

ネコ
ネコ
受領委任払い???

整骨院は療養費制度の対象だが、受領委任払いがあるために会計時自己負担金が1~3割支払えば良くなる。
ではこの受領委任払いとはどんな制度なのだろうか?

②整骨院での受領委任払いとは

柔道整復師が保険者(健保組合等)と受領委任の協定または契約を結び、

【1】被保険者からの委託を受けて「療養費支給申請書」を作成し、
【2】被保険者からは自己負担金に相当する金額を受け取り、
【3】残りを被保険者に代わって保険者に療養費を請求する

制度です
引用元:http://www.ykk-kenpo.jp/qa/qa_jyuusei.htm

これも簡単に説明すると
整骨院が患者から委託を受けて療養費が保険者からもらえる用紙を作り(療養費支給申請書)
患者は自己負担金(1~3割程度)の金額を支払う
残りの金額を整骨院側が直接保険者(保険組合や市など)に請求をする

ネコ
ネコ
患者さんは自分で申請する手間が省けるし会計時の自己負担額も減ってていいね!

つまり患者の負担を減らす事ができる優秀な制度である。
がしかし、この制度があるから起きる問題点がある。

③受領委任払いは不正請求の原因になる?

受領委任払いの制度があることによって、様々な不正な請求が行われている事がある。
部位数の水増し・通院日数の水増し・負傷原因の詐称などなど

なぜ受領委任払いによってそんな不正が起きてしまう事があるのかと言うと
多くの整骨院・接骨院では月初めなどに白紙で療養費支給申請書(レセプト用紙)にサインさせる。
そうするとその療養費支給申請書は何を書いても、もう患者からの委託を受けた用紙になるので部位数を増やそうが、通院日数を増やそうが患者にも分かりにくい。
白紙の領収書を発行しているのと似ているように私は感じる。
(今は昔よりだいぶ少なくなった時と聞くが…)

そういった患者の知らないところで起きている不正請求などを見分けるためにも
前に話した受療照会書が役目を果たしているのでしっかりと記入する事が大事。

https://zyusei.com/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%88%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E7%A5%A8%EF%BC%89%E3%81%AF/

ネコ
ネコ
こういった不正に巻き込まれないためにはどうすればいいの?

④受領委任払いを利用する時の注意点

整骨院ではほぼほぼ受領委任払いを利用する事になるので、整骨院利用時の注意点かもしれないが…

白紙の療養費支給申請書にサインするのはやめよう。

しっかり負傷部位・通院日数・負傷原因などを確認して間違いがなければサインするようにしよう。
整骨院からしたら月初めにサインを書いてくれないと不正をしていなくても嫌なものではあるが
しかし本来、患者が委託するためには確認が必要なものである。

ネコ
ネコ
ちゃんと印刷された後の療養費支給申請書にサインしよ。
白衣さん
白衣さん
悪い事をしていなければ対応してくれると思うよ。逆にこれをすごく拒む整骨院は怪しいかもね。

⑤まとめ

療養費制度は、全額自己負担した後に現金給付をする制度だが整骨院(柔道整復師)の場合受領委任払いがあるために病院などと同じく
自己負担金が少なく済む。

しかしその裏には問題点もある。患者が不正に関与しないためにも療養費支給申請書はしっかり確認してからサインするようにしよう。

柔道整復師の情報まとめはこちら↓

【まとめページ】柔道整復師の情報の全てはここ! このページに柔道整復師の情報を全てまとめています! ①柔道整復師の仕事について ■柔道整復師の就職先情報・実際の働いた感想は...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です