介護

【機能訓練指導員】転職先に老人ホームを選ばなかった理由!

Pocket

こんにちは!ささです。

今回は私が機能訓練指導員に転職したときに、なぜ有料老人ホームの機能訓練指導員を選ばなかったかを解説していきます。

この記事は、転職先を悩んでいる人向けに老人ホームを転職先に選ばなかった私の体験談を紹介しています。

この記事を読む事で、老人ホームの給与や待遇、仕事内容や雰囲気などを知ることができます。

機能訓練指導員の情報まとめ! 現役機能訓練指導員が解説! この記事では柔道整復師がなれる機能訓練指導員について紹介しています。私自身の転職経験も生かした内容を紹介しています。機能訓練指導員ってなに?と思っている方や機能訓練指導員になろうとしている人に向けてます...

①結論:なぜ転職先に老人ホームを選ばなかったのか

有料老人ホームは住宅型有料老人ホームという比較的介護度が低い有料老人ホームでも施設の中は車椅子の方や認知症が進んでいる方が多く見られた。

介護の現場で、初めて働く私にとっては車椅子の人が多かったり、認知症の人が多くいる施設というのは自分が上手く機能訓練できるのかなど不安要素が多く転職先に選ばなかった。

②老人ホームの求人内容はかなり魅力的だった

有料老人ホームは転職先としてはかなり魅力的だった。

多くの有料老人ホームは大きな企業が運営していたりするので給与や福利厚生の面で優遇されている事が多い。
私が転職エージェントに探してもらい見学した施設も

・勤務時間も9-17時でほとんど残業はなく
・有給休暇の取得率も施設長以外は100%
・ボーナスは3ヶ月分が年に2回ある。というかなり好条件だった。

転職エージェントに希望給与と希望勤務地を伝えていたのでそれらから判断するとかなり希望通りの職場だった。

転職エージェントを利用する事で、希望通りの職場を探してくれて見学まで一緒にしてくれた事は今でもありがたく思っている。

③見学時に感じた老人ホームの雰囲気

施設によって違いはあると思うが、私が見学した時の印象を話す。

私が見学したのは大手グループの有料老人ホーム。施設はかなりキレイで整備がされている。
1階から4階まであって、介護度が高い人ほど低い階で生活している。

私が見学したのは有料老人ホームの種別で言うと
住宅型有料老人ホームという事で比較的介護が必要ではない人が入居するような施設であった。

しかしながら、入居者のほとんどが車椅子を使用していて認知症の方が半分くらいいる。
入居者も100人近かった。

私のイメージだと住宅型の老人ホームだからもう少し自力で歩けるような方がいるのかと思ったが、それは間違っていた。

そのイメージのギャップから、初めての介護業界で介護度が高いこの人達に機能訓練をやっていけるか不安になり老人ホームを転職先に選ばなかった。

既に介護業界で働いている人(特に老人ホーム)ならば当たり前の事かと思うが
今まで病院や整骨院でしか働いた事のない私には、この老人ホームの雰囲気には驚きだった。

⑤老人ホームの仕事内容は?

有料老人ホームでの機能訓練指導員の仕事内容を聞くと

・集団での体操

・各部屋を回ったり、運動スペースでの個別機能訓練

・介護保険を利用しているような場合(特別養護老人ホームなど)それに準じた書類の作成

他の施設でも同じような仕事内容になる。

違うのは介護度が高いので、それにあった機能訓練をしないといけないという機能訓練の内容が変わる。

④まとめ

今回、有料老人ホームを転職先に選ばなかった理由を説明したが今でも転職先は機能訓練型デイサービスで私は良かったと思っている。

機能訓練型デイサービスの機能訓練指導員について↓

機能訓練型デイサービスでの仕事とは?介護職員・機能訓練指導員の仕事内容を解説!   ①機能訓練型デイサービスの仕事内容[介護職員] 機能訓練型デイサービスは、機能訓練をメインにしたデイサービスのため入浴や食事...

まずは身体を動かせる人達が多い、機能訓練型デイサービスで経験を積み
もしキャリアアップをしたいならば、より給与の高い有料老人ホームの機能訓練指導員へと転職しようと考えている。

機能訓練指導員の情報まとめ! 現役機能訓練指導員が解説! この記事では柔道整復師がなれる機能訓練指導員について紹介しています。私自身の転職経験も生かした内容を紹介しています。機能訓練指導員ってなに?と思っている方や機能訓練指導員になろうとしている人に向けてます...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です