介護

【介護の仕事】全員に無理してまで好かれる必要はない

Pocket

 
こんにちは! ささです。
今回は介護の仕事を行っている上で必ずある、利用者に嫌われてしまって仕事がしにくい。
という状況についてどうすればいいかを紹介します。
 
今回話すのは、具体的な対処法というよりは考え方を変えて楽に仕事をしようという観点で紹介します。
 

①利用者全員に好かれる事は不可能

介護施設は少なくても数十人、多いと百人以上の人と接する可能性がある仕事。

100人もいたらそれは1人や2人、自分の事を好きでない人や苦手な人がいるのは仕方ない。

私自身も、総利用者が100人近くの介護施設で働いているが苦手な人や自分に対して嫌気を持っている人はやはりいた。

そんな気持ちを持たれているとこちらまで、その人を苦手になってしまい仕事が憂鬱になる事があるだろう。

そんな時はきっとどうすれば好かれるかと考えるだろうが
考える必要があるのは好かれ方ではない。

②まず自分に悪い点があるなら改善すべき

自分の事を好きでない人と接する際に、まずは自分に何か問題点が無いかを考えよう。

自分に非があり好かれてないなら、それを改善すれば良い。

しかし多くの場合は、何が原因なのかわからないだろう。

この時に「なんで自分は嫌われているのだろう?」とか「好かれるためにはどうしよう」と深く考えすぎると仕事自体が嫌になってきてしまう。

③原因がわからないなら諦めよう

嫌われてる原因がわからないのにずっと考えいても深く悩んでしまう。

自分で考えても、他人に聞いてもわからないのならば嫌われている事を諦めて受け入れよう。

仕事を行う上で大事なのは好かれることではなく職務を全うすることだと私は考える。

私の場合も、あまり深くは考えずに嫌われているならそれは仕方ないと受け入れる事で心は軽くなった。全員から好かれるなんてかなり難しい。

ただ嫌われていても仕事に手を抜く事はせず、いつも通り接する事は必要。

④まとめ

今回伝えたかったのは
好かれるために無理をして仕事をするのが辛くなるならば、好かれる事を諦めて今の状況を受け入れた方が気持ちが軽くなり仕事がしやすくなると言う事。

別に嫌われていたって仕事はできる。開き直った方が楽になる事だってある。

介護の仕事は人間と接するのが基本なのでどうしても人間関係での悩みや不満がでやすいのだが「無理をしない」のと「相手を受け入れる」事で自分を楽にしてあげて働こう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です